『フレンド-今夜此処での一と殷盛り-』
0
    JUGEMテーマ:増田 貴久

    先日、仕事中に「ジャニーズのファンなんです」と、調子にのって話した所、あからさまに嫌な顔をされ、言わなきゃ良かったな〜と後悔していたら「僕はジャニーズは1人しか認めてないんで」との事ポカーンネコ
    「誰ですか?」と質問をすると、「手越君です」との答えにビックリエクステンション
    「頭が良くて、話が面白くて、努力もしてるんだなと、彼こそがジャニーズですね」と言われ、自分の事のように嬉しかったとももですゆう★

    そんなテゴ担のとももですが、相方のマス坦ちゃんと、長崎のマス坦ちゃんと、まっすーの舞台の初日に行って来ましたぱんだ
    酒乱で皆から嫌われてた中原中也の事を昔からあまり好きではなかったのですが、周りの人には恵まれてたということは引き付けるものがあった人なんでしょうね mai
    教科書に載っていた中也は線の細い印象だったけど、中也役の遠藤さんがガッシリしていて、ちょっぴり意外でしたびっくり
    遠藤さんて、エハラマサヒロさんに似てますよねにやり
    まっすーの役の安原喜弘さんは人間的に慈愛に満ちていて、何といっても写真を見たら実際めちゃくちゃイケメンでビックリビックリ

    とももが一番心に響いたのは、何度も出てきたスタンダールの「ザルツブルグの小枝」の話キラキラ
    『塩鉱の中に小枝を投げ入れておくと、二ヶ月ぐらいでその小枝にダイヤモンドのように美しい塩の結晶が付く。心の中に生じた「相手を美化する気持ち」がついにはこの塩のように結晶化(結晶化作用)していき、ただの細い枝も無数のきらめく輝かしいダイヤをつけていて、もう元の枯枝を認めることが出来ない』Byスタンダール「恋愛論」〜第2章恋の芽生えについて〜
    テゴちゃんに変な噂が何度浮上しても嫌いになれないのは結晶化作用だったのか〜と納得顔

    ネタバレになるのでここまでにしておきますが、文学について熱く語る青年たちを見て、とももも久々に文学に触れたくなり、奥底からシェイクスピアとか出してきちゃう程、読書の秋にピッタリな舞台でした本

    しかし、それよりも何よりもファンの皆さんのマナーの良さに感動キラキラ
    まっすーがいろいろな場所でマナーについて伝えていましたが、始まる前から緊張の静けさキラキラ
    途中、まっすーが客席に行くシーンでは驚きを口を押えて我慢していたり、紙吹雪が降ってきてもザワッとしなかったりと完璧な観劇スタイルOK
    そして観劇後、食事をしていたら、な、な、なんとまっすーびっくり
    どうやら、初日の打ち上げだったらしいですが、その時もお店にいるファンの皆さんは騒ぐ事無く、静かに感動していました感動
    本当にNEWSのファンは素敵ですね♪
    ファンを大切にしてくれるNEWSNEWSの事を第一に考えるパーナ達が正に「4+FAN」ですねりの

    これからもパーナ達と共にNEWSを応援していく事を誓いつつ、ポチッとお願いパーナ↑キティー↑
     ジャニーズブログランキング
    増田貴久 | comments(0) | trackbacks(0)
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://arashinonews.jugem.jp/trackback/557
    TRACKBACK BOTTOM
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    マウスで見る方向変えられます





    カウントダウンメーカー
    カウントダウンメーカー
    カウントダウンメーカー




    相合傘ブログパーツ
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    ジャニーズ最新情報
    search